TOP>>塗料の話>>光触媒塗料について


光触媒とは太陽光が持つ分解・滅菌の作用を酸化チタンという物質で化学反応の速度を上げるものです。

従来の塗料にとって太陽光(紫外線)は塗膜を劣化させる原因となっていましたが、光触媒塗料は太陽光を味方にするもので全く逆の性質の塗料です。

光触媒塗料はTOTOオキツモコーティングス、日本特殊塗料他何社か製品化していますが塗料の性能・カラーバリエーション・施工性などいろいろな理由からTOTOオキツモコーティングスのハイドロテクトカラーコートECO−EXをおすすめします。

光触媒塗料の特徴は

@汚れを落ちやすくする

 塗膜に水がかかると表面に広がり(超親水)塗膜表面についた汚れを浮かせることができるので、雨が当たると簡単に洗い流されます。











A活性酸素が汚れを分解

光触媒である酸化チタンに光(紫外線)があたると酸化チタン表面に分解力(酸化還元)を持つ活性酸素が発生し、さまざまな有機物を分解します。カビや細菌の繁殖や汚れのこびりつきを抑えるとともに、大気汚染の原因となる窒素酸化物(Nox)や硫黄酸化物(Sox)を分解し、空気をきれいにします。


  青い染料が白色に分解されています。












ハイドロテクトカラーコートの空気浄化力は1000uあたりポプラ95本分(ECO−EXの場合)。
外装にハイドロテクトを採用するということは、ポプラの木を植えることに等しい効果をもたらします。
(戸建住宅(150u)の場合は約15本)







B遮熱効果

遮熱効果により環境・省エネに貢献







C高耐久

ハイドロテクトカラーコート ECO−EXの耐久性は約20年です。

塗替えのサイクルを伸ばせることから、お家のライフサイクルコストを抑えることができます。

また、TOTOオキツモコーティングスのメーカー保証が10年つきます。









光触媒塗料について
Eメールお問い合わせEメールでのお問い合わせはこちら
塗料の話
塗料の種類にはたくさんありホームセンターで売っているものから1缶10万円以上するものまで千差万別です。

お客様としては業者が持ってくる塗り替えプランに書かれている塗料がどういうものなのか把握できず、業者を信じて塗装してもらうのが実情ではないでしょうか。
また塗装業者でも全ての塗料を把握しているわけではなく、だいたいいつも同じ塗料を使用している場合が多いです。

ここではまず塗料の選択方法と注意事項について書いていこうと思います。
塗料の性能の見方

光触媒塗料について

遮熱・断熱塗料について

窯業系サイディング(外壁)について

屋根の塗料について

下塗りについて

上塗りについて

木部の塗装について

コーキングについて

塗装する季節について
  お問い合わせは今すぐ「ホームページ見たよ」とお電話ください。 
                                                
    0120-963-169  
           
           通話無料 受付時間 9:00〜19:00
ス タ ッ フ 紹 介
業者選定について
www.shiga-tosou.com Copyright(C)2009 近江塗装建業 All Rights Reserved
T O P
外壁塗装.com
社 長 ブ ロ グ
お問い合わせ
施 工 事 例
近江塗装建業 
塗 料 の 話
会 社 案 内
塗り替えの目安
施 工 事 例
お 客 様 の 声
T O P
滋賀県近江八幡市鷹飼町453-6-206
TEL 0120-963-169
E-mail:info@shiga-tosou.com
お気軽にお問い合わせください

滋賀県 湖東(近江八幡・野洲・守山・栗東・東近江・蒲生・湖南)周辺で屋根・外壁の塗装、リフォームをお受けしています。

工事価格と保証