TOP>>塗料の話>>塗料の性能の見方
「この塗料は10年は持つ」とか「5〜6年で塗替えが必要」とか言われる塗料の耐久性は塗料のカタログでわかるときがあります。全ての塗料カタログに書かれているわけではないので分からないときは、業者か塗料メーカーに問い合わせてみるといいでしょう。

 

これはSK化研の水性セラミシリコンという外壁用の水性塗料の

耐候性を表すグラフです。

塗膜に紫外線を当てて塗膜の光沢(つや)の落ち方を示しています。

縦軸の光沢保持率が80%を割るとつやが無くなり汚れが付きやすくなるので、

この時点が塗替えの目安としています。

横軸の照射時間は紫外線を当てた延べ時間で2500時間が10年に相当します。

つまり、この塗料は10年程度は大丈夫ということになります。





次にこのグラフは水谷ペイントの水系シリコンという屋根用の水性塗料のものですが

色の褪せ方(変色の度合い)を見ることができます。

縦軸の変色度の目安は

色差(僞) 感覚 
0.5以下  ほとんど差を感じられない
0.5〜1.5 わずかに差を感じる
1.5〜3.0 容易に差を感じる
3.0〜6.0 かなり差を感じる
6.0〜12.0 極めて差が大きい
12.0以上 別系統の色と感じる

となりだいたい2.5〜3程度が限界となりますが、

この塗料は20年相当の5000時間でも変色度は

わずかに差を感じる程度の性能といえます。

ただし、あくまで実験データなので環境や条件の違うお家では

この性能を保証するまではできません。

しかしかなり高耐久の塗料であることは間違いありません。

また、塗料メーカーによって紫外線の強さを変えて実験していることがあるので

照射時間がかわることがありますが、何年相当になるのかをよく確認してください。
塗料の性能の見方
Eメールお問い合わせEメールでのお問い合わせはこちら
塗料の話
塗料の種類にはたくさんありホームセンターで売っているものから1缶10万円以上するものまで千差万別です。

お客様としては業者が持ってくる塗り替えプランに書かれている塗料がどういうものなのか把握できず、業者を信じて塗装してもらうのが実情ではないでしょうか。

また塗装業者でも全ての塗料を把握しているわけではなく、だいたいいつも同じ塗料を使用している場合が多いです。
ここではまず塗料の選択方法と注意事項について書いていこうと思います。
塗料の性能の見方

光触媒塗料について

遮熱・断熱塗料について

窯業系サイディング(外壁)について

屋根の塗料について

下塗りについて

上塗りについて

木部の塗装について

コーキングについて

塗装する季節について
  お問い合わせは今すぐ「ホームページ見たよ」とお電話ください。 
                                                
    0120-963-169  
           
           通話無料 受付時間 9:00〜19:00
塗装の話まだまだ続きます。随時更新予定。
社 長 ブ ロ グ
業者選定について
www.shiga-tosou.com Copyright(C)2009 近江塗装建業 All Rights Reserved
T O P
外壁塗装.com
お問い合わせ
施 工 事 例
近江塗装建業 
塗 料 の 話
会 社 案 内
塗り替えの目安
施 工 事 例
お 客 様 の 声
T O P
滋賀県近江八幡市鷹飼町453-6-206
TEL 0120-963-169
E-mail:info@shiga-tosou.com
お気軽にお問い合わせください

滋賀県 湖東(近江八幡・野洲・守山・栗東・東近江・蒲生・湖南)周辺で屋根・外壁の塗装、リフォームをお受けしています。

工事価格と保証